外壁塗装やシャッターを取り替えてより良い住宅環境を作る

一軒家

知っておきたいこと

3人の作業スタッフ

宅地造成とは、農地や山林を開拓し、整地にした後住宅やビルを新たに作ることを言います。新しく建てる前に、やっておくべきことが沢山あるため、土地活用のために使う場合、宅地造成についてやらなければいけないことを頭の中へ取り入れていきましょう。決まりとしては、宅地造成をする場合、許可や届け出が必須です。決まりを無視し、勝手に宅地造成の工事を進めるとトラブルに発展する可能性があるため、決まっていることはしっかりと守り、安心安全に宅地造成を行なっていきましょう。

宅地造成をする時に大切な許可は、切土部が2メートルを余裕で超えた時と、盛土部が一メートルを超える崖になっているとき、または切土と盛土をする上で、二メートルを遥かに超えている場合は、許可が必要になります。詳しく説明をしているサイトでは、分かりやすく図で解説をしているため、そちらを見て知識を深めていくと良いでしょう。また届け出が必要なケースは、宅地造成工事における地域に指定されている時で、この場合工事を行なう21日の間に届け出が必要です。また、高さが二メートルを超える際も一部の工事で必ず届け出をしなければいけません。この場合だと工事に取り掛かる前の14日までが期限になります。さらに、所有する土地を転用した時も、忘れずに届け出を行なうようにしましょう。サイトでも宅地造成に関する情報サイトがありますので、それに習い手続きをしていけば、建物を建築することが出来ます。